拒食症

吐きだこができる

拒食症患者には、自己誘発嘔吐を繰り返すことにより、利き手の指や手の甲に胼胝(タコ)ができることがあります。

これを「吐きだこ」と言います。吐くために指をのどに入れたとき、前歯に手の甲があたって皮膚がただれたものです。

もちろん吐きだこを持っていない人も居ます。『吐き癖』というものがつき、自分で胃に力を入れることで吐くことが出来るからです。

吐きだこができてしまった人の中には、それを悟られたくないので、絆創膏や包帯などで隠している人もいます。

しかし、「それ何?」聞かれることを嫌がります。

「吐きだこができて」とは、口が裂けても言いたくないはずです。

知らずに聞いてしまう人もいるでしょうが、できたらそっとしておく方がよいのです。

拒食症は、心の病ですから、周囲の無神経な対応がますます本人を傷つけ、更に病気を進行させてしまう懸念があります。


> 薬に頼らない拒食症の根本原因を取り除く改善法


スポンサードリンク